J.S.Bach Vier Duette BWV802

最近,仕事が忙しすぎて,練習時間が全く取れなくなっています。

以前から練習していたインヴェンション13番は,最終的にはインテンポでほぼミスなく弾けるようになり,無事合格しました。

今後は,来年の発表会の曲に取り組むことになります。ハノンは続けますが,インヴェンションとミクロコスモスは,練習時間があまりに確保できないため,一時的に休みになります。

発表会の曲は大バッハの4つのデュエットから1番(BWV802)です。

J.S.Bach BWV802 / Piano

 

J.S.Bach BWV802 / Cembalo

 

J.S.Bach BWV802 / Oragan

 

この曲は,1739年に作曲・出版されています。これから練習に使用するのは,以前買ったヘンレ版です。

index_thumb

買ってから約1年ほど積んでありましたが,やっと弾くことになりました。タイトルから2声であることは分かるので,インヴェンションを練習している私にはちょうど良い難易度かなと思われます。

ただ細かい音が多いのと,指使いが一部変わっている(5の指の外側にある鍵を4の指で打鍵する,ショパンのような弾き方の部分がある。)ところを重点的に練習する必要がありそうです。

いくつかの音型が繰り返し現れるタイプの曲なので,一度指使いを決めてしまえば,弾けるようになるのにはそれほど苦労しないかもしれません。

ただ,気がかりは練習時間が確保できるかという点だけです。これから,来年3月までは怒涛の忙しさになります・・・。(ブログの更新が滞っているのもそのためです。)

広告
カテゴリー: J.S.Bach パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中