J.S.Bach Duet I /BWV802(1月末時点)

大バッハの4つのデュエットから1番の練習を続けています。

現時点での課題は,音が重ならないようにすること,ノンレガートと言っても音が短くなり過ぎないこと,変な強弱が付かないようにすること,テンポが揺れないように厳格に速度を守ることです。

この曲は2声ですが,両手同時に細かい音を弾くことがないので,とても弾きやすい部類の曲だと思います。練習している際の感触では,インヴェンション13番よりも平易だと感じます。

ただし,上記の課題をきっちり守って弾くのは非常に難しいと感じます。しっかり描く指が動かないと,なかなか一音ずつを明瞭に聴かせることは困難です。ペダルも使いませんので,音を混ぜることもできません。美しく聴かせるためには,ひたすら練習するしかありません。

ただ,同じような音型が調を変えて何度も出現しますので,練習時間があまりとれなくとも,曲を覚えやすいし,指も慣れやすいという点では良い曲だと思います。

 

曲想も,ハノンが好きな方は向いている曲かもしれません(出だしが既にハノン39番を彷彿とさせる音型です。)。

 

曲の難易度を調べたところ,ヘンレ出版社のHPによればBWV802は4から5に跨っていましたので,「易しい」から少し「中くらい」に入り込んだ程度の難しさということになります。ちなみに難易度の指標となる曲は次のとおりとされています。

1(easy) Notebook for Anna Magdalena Bach, No.4 and 5

2(easy) Well-Tempered Clavier I, No.1 Prelude

3(easy) Beethoven, Piano Sonatas Op.49-1 and 2

4(medium) Grieg, Lyric Pieces Op.12-4

E.

 

5(medium) Schumann, Fantasy Pieces Op.12-1

R.Schumann/ Fantasy Pieces Op.12-1

 

6(medium) Chopin, Nocturnes Op.27-1 and 2

F.F.Chopin/ Nocturne Op.27-1

 

7(difficult)Beethoven, Piano Sonatas Op.10-3

L.V.Beethoven/ Piano Sonata Op.10-3

 

8(difficult)Beethoven, Piano Sonatas Op.81a

L.V.Beethoven/ Piano Sonata Op.81a

 

9(difficult)Schumann, Toccata Op.7

R.Schumann/ Toccata Op.7

 

 

さらに4・5程度の難易度の大バッハの曲は他に何があるか調べてみたところ,フランス組曲(BWV813,817)や,シンフォニア(2番,4番,6番,9番,13番)がありました(ちなみにインヴェンション13番は難易度4でした。)。

先生からは「美しい音で弾く」という点を強調して指導されているので,自分の音やタッチを確認しつつ,練習を続けていこうと思います(発表会は夏ですので,まだまだ時間的な余裕はあります。)。

広告
カテゴリー: J.S.Bach パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中