発表会終わる&今後の課題

前回5月の記事からだいぶ期間が経ってしまいました。

仕事があまりに忙しく,練習する暇が全くありません(休日は死んだように眠っています。)。

 

さて,発表会が終わりました。曲目はJ.S.bachの4つのデュエットから1番(bwv802)でした。本番の結果は散々でした。原因は練習不足と緊張だと思われます。やはり絶対的な練習量が少なすぎるのが主原因です。練習ではそれなりに弾けるようになっていたのですが,やはり練習量が極端に少なすぎるため,本番に自信をもって臨めず,うまくいかなかったように思います。ですが,まあ終わったことは仕方ありません。引き続き何とかピアノを続けることを目標にやっていきたいと思います。

 

発表会後は,インヴェンション8番とハノンを続けますが,先生からの提案で,ミクロコスモスとソナチネ(クーラウOp.55-1)を交互にやることになりました。

Daniel friedrich Rudolph Kuhlau/ Sonatine Op.55-1

 

J.S.Bach Invention 8 (BWV779)

 

個人的には,ソナチネは左手がほとんど動かないので面白くないなと感じていますが,これまで古典派の曲をほとんどやっていないので良い機会かなとも思います。

やっと夏休みになりました。今週一週間はしっかりピアノの練習ができます。少しでも進めるように練習を続けていきたいと思います。

 

なお,使用楽譜は以前から使っている次のものです。どちらも解説が充実しており練習の際に役立つと思います。

ソナチネアルバム 第1巻 初版及び初期楽譜に基づく校訂版 今井顕 校訂 初版および初期楽譜に基づく校訂版

sonatinen

 

バッハ≪インヴェンションとシンフォニア≫演奏と指導のポイント

invention

広告
カテゴリー: 発表会 パーマリンク