カバレフスキー ソナチネOp.13-2 Mov.1

今年夏の発表会用の曲を探しています。

先生から候補として挙がったのは,

ドミトリ・カバレフスキー ソナチネOp.13-2 第一楽章

でした。

 

カバレフスキーという作曲家は全く知らなかったのですが,近現代のロシアの作曲家のようで1980年代に亡くなっていますので,没後40年程度が経過した,比較的新しい作曲家のようです。

調べてみると,日本ではよく知られている,組曲「道化師」の第2曲「ギャロップ」の作曲者であることが分かりました。

 

ヤマハに行って楽譜を探したところ,全音の楽譜が見つかりました。

41609ARW3GL._SX345_BO1,204,203,200_

 

YouTubeで演奏を聴いたところ,この時期のロシアの作曲家(たとえばショスタコーヴィチなど)に共通する,行進曲的というか軍隊的な暗い印象の曲でした。

曲的には対位法的部分もあるものの,左手の動きはそれほど激しくないようです。しかし,楽譜を見るとnon troppo が付いているもののアレグロ。演奏を見ても結構早いように感じます。指が回らない可能性が高い曲だと思います・・・。

 

うーん,どうしたものでしょうか。仕事が忙しく疲れているからか,今の気分は,こういった曲でなく,もっと気楽なのんびりした感じの曲がいいなと思っています・・・。

発表会の曲については,もうしばらく考えてみようと思います。

広告
カテゴリー: Kabarevsky パーマリンク